内装リフォームで断熱性を高めるための工夫

query_builder 2020/01/07
ブログ

冬になると寒さから暖房機器を頻繁に使いますが、火災の危険性も増加するので火の始末に対する注意が必要になります。その上に冷房よりも光熱費が高くなる傾向があり、設備機器の技術の向上で以前よりは安くなっていますが、それでも家計には大きな負担になるのは間違いありません。
寒いのに無理をすると体調が悪くなるので一定の温度は確保しなければいけませんが、このような場合に役立つのは内装リフォームを行って断熱性を高めることです。これは建材の隙間を無くして空気の流れを遮断すると共に、室内の空気が屋外に流出するのを防ぎ、低い温度設定で暖房機器を使うことができます。
築年数の古い家屋では断熱材が使用されていないケースが多く、室内で高めた空気が屋外に流れ出るために室温が低くなりやすく、暖房機器を高い温度に設定して使用しなければ寒さが厳しくなってしまうでしょう。これが光熱費が高騰してしまう原因になり、内装リフォームによって空気を室内に滞在できるようになれば、光熱費を低く抑えることができます。
温度というのは高いところから低い場所に流れていくのが一般的であり、室内よりも屋外の温度が低いので室温を高めても時間の経過で下がっていく現象を止めることはできません。暖房機器で無理に高めるよりも、空気を出さないように断熱性を向上される方が体にとっても最適と言えます。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
スーパーホームサービス有限会社
http://superhome.jp/
住所:東京都江戸川区谷河内2-2-3
TEL:0120-002-449
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

NEW

  • 南海プライウッドの玄関収納を取付てきました。

    query_builder 2021/04/24
  • ホームページをリニューアルしました。

    query_builder 2021/04/21
  • トイレリフォームで知っておきたい、後悔の事例について

    query_builder 2020/02/15
  • トイレリフォームで知っておきたい、期間の目安について

    query_builder 2020/02/13
  • リフォームの際に知っておきたい間取りの考え方

    query_builder 2020/02/11

CATEGORY

ARCHIVE