給湯機設備の耐用年数って?

query_builder 2015/12/12
ブログ

どのような使い方をするかによって差はありますが、給湯機設備は設置してから約10年〜15年経った頃が交換時期だといわれています。

 
定期点検を行っている人は少なく、多くの人は段々と不具合を感じながら故障するまで使い続けてしまいます。

 
特に冬は、水の温度が低いのでお湯を沸かすために、夏よりも大きな負担が掛かかります。

 
さらにお湯の使用頻度も夏よりも多くなりますので、冬に突然お湯が出なくなって慌てることが多いのです。

 
故障してから慌てて連絡しても、すぐに工事ができない場合もあります。

 
あるいは下調べせずに依頼して後悔しないように、日頃から注意して劣化のサインを見つけましょう。

 
最もわかりやすく、誰でも覚えのある劣化のサインは、お湯がいつまでたっても温かくならなかったり、時間がかかるようになったといった不具合です。

 
そして、給湯機設備は屋外に設置してあるので、場所によっては気づきにくいかもしれませんが、給湯機の異音や異臭もよくある劣化のサインです。

 
このような劣化のサインに気が付いたら、早めに対処するように心がけることが大切です。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
スーパーホームサービス有限会社
http://superhome.jp/
住所:東京都江戸川区谷河内2-2-3
TEL:0120-002-449
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

NEW

  • 南海プライウッドの玄関収納を取付てきました。

    query_builder 2021/04/24
  • ホームページをリニューアルしました。

    query_builder 2021/04/21
  • トイレリフォームで知っておきたい、後悔の事例について

    query_builder 2020/02/15
  • トイレリフォームで知っておきたい、期間の目安について

    query_builder 2020/02/13
  • リフォームの際に知っておきたい間取りの考え方

    query_builder 2020/02/11

CATEGORY

ARCHIVE